CONTACT
NCC Column
NCC Column Title
2024年05月10日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第38弾

2024年05月09日
医療機器”洗浄スポンジ”や”洗浄ブラシ”の交換時期判断基準

2024年04月30日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第37弾

2024年04月12日
なぜ?家庭用食器洗浄剤を使用してはダメなのか?

2024年04月11日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第36弾

2024年03月01日
純水装置(RO製造措置)の注意点や管理ポイント

2024年02月17日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第35弾

2024年02月10日
病院が行っている一般排水と感染性排水の処理方法

2024年01月29日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第34弾

2024年01月29日
軟性内視鏡の洗浄に関して

2023年12月14日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第33弾

2023年12月13日
軟性内視鏡中央化の現状

2023年11月13日
医療機器に使われる様々な金属とその金属特性は?

2023年11月13日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第32弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第31弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第30弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第29弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第28弾

2023年08月26日
中央材料部における震災時の洗浄業務対策.1

2023年08月07日
ダメージレス再生の専門家として

スチームクリーナー(スチーム洗浄)てなんぞや!!

2022年02月03日

ご自宅で掃除等で使われている方も多いかもしれませんが、今回はネットやテレビCMなどでよく見るスチームクリーナーに関して掘り下げて行きたいと思います。

スチームクリーナーとは、約100℃の高温スチームを発生させ、汚れを浮かしとることで簡単に掃除・洗浄ができる装置となります。特に頑固な汚れを簡単に落としたいときに重宝するスチームクリーナー。床掃除からキッチン掃除まで、幅広い箇所に使用できるのが魅力です。

スチームクリーナー(スチーム洗浄)の最大の特徴は、洗浄液を使用せず高圧スチームのパワーで洗浄します。環境に配慮したこれからの洗浄スタイルだと思います。

なぜ、水だけで汚れが落ちるのか?その秘密は、スチームクリーナー(スチーム洗浄)が生み出す高温の蒸気にあります。
スチームクリーナーは、装置内のボイラーで水を沸騰させて高温・高圧の蒸気を噴射するという仕組みなのですが、この蒸気の熱と水分のはたらきにより、汚れが浮き上がり、動きやすい状態になり高圧の熱風で動きやすくなった汚れを吹き飛ばします。

スチームと聞くと湯気を思い出せれる方も多いと思います。『湯気を高圧で噴射しているだけ・・・』家庭用のスチームクリーナー(スチーム洗浄)はこの考え方で間違っていません。手術器具の汚れは、家庭に汚れと異なり”かなり頑固です”手術時間や手技などによって簡単には落とすことが出来ません。また、手術器具の構造によっては洗浄がしにくい構造の器具まであります。

この様な汚れに対しては家庭用のスチームクリーナー(スチーム洗浄)では対応が出来ません。そこで登場してくるのが医療器具洗浄用スチームクリーナー(スチーム洗浄)装置です。このスチームクリーナー(スチーム洗浄)装置は、湯気ではなく極少粒子スチームを使用して洗浄を行います。『極少粒子スチーム』とは、沸騰したやかんの口から吹き出す目に見えない気体のことでこのスチームが空気に触れて冷やされ、目に見える状態(=液体)になったのが湯気です。つまり、極少粒子スチームは気体の状態を指します。
気体のスチームの大きさは”約0.26ナノメートル”の極小サイズ。
これが素早く汚れに浸透、分解し汚れを浮かし熱風と同時に吹き付けることで手術器具の頑固な汚れも複雑構造の隙間に入り込んだ汚れも簡単に除去する事が可能です。

手術器具洗浄用のスチーム洗浄装置に興味のある方は、弊社エリア営業担当者へ是非ご連絡下さい。

NCC Column LIST
copyright©NCC Co.,Ltd. All Rights Reserved.