CONTACT
NCC Column
NCC Column Title
2024年03月01日
純水装置(RO製造措置)の注意点や管理ポイント

2024年02月17日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第35弾

2024年02月10日
病院が行っている一般排水と感染性排水の処理方法

2024年01月29日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第34弾

2024年01月29日
軟性内視鏡の洗浄に関して

2023年12月14日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第33弾

2023年12月13日
軟性内視鏡中央化の現状

2023年11月13日
医療機器に使われる様々な金属とその金属特性は?

2023年11月13日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第32弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第31弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第30弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第29弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第28弾

2023年08月26日
中央材料部における震災時の洗浄業務対策.1

2023年08月07日
ダメージレス再生の専門家として

2023年06月17日
NCC株式会社FIクリーン事業部 アンビション(願望)

2023年05月16日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第27弾

2023年05月12日
内腔器材の洗浄評価方法について

2023年04月28日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第26弾

2023年04月12日
器械洗浄(ウォッシャーディスインフェクターなど)の洗浄剤選択

医療機器洗浄アドバイザーコラム第15弾

2022年06月20日

関東エリアの竹内です

爽やかな季節は長く続かず、憂鬱な梅雨入りと、気は滅入りますが、感染者数も減少傾向で少しずつ日常・業務を取り戻せているかと思います。
しかしながら、長引くコロナの影響で、まだまだ大変な時期を過ごしていることかと思われます。マスク着用や手指消毒など、感染管理対策は緩めることは出来ません。また日本人の文化・習慣の影響もあり、手洗いに関しては菌を洗い落とすことで、地味ではありますが、コロナ対策としては有効な手段として確立されてきたのは事実です。
さて、菌を流水で洗い落とすことは、中材業務においての洗浄過程において同じく重要な要素であることは言うまでもありません。今日は一見地味にも思える洗浄について少し掘り下げて話を進めたいと思います。

医療機器の洗浄とは?洗浄の有効性とは?

①  洗浄の目的は医療器材に付着している血液・脂肪・組織など汚染物の除去を行うことであり、滅菌や消毒を行う前処理として大変重要である。洗浄が十分でない医療器材は有機物や汚れが残存し化学殺菌物質を非活性化したり、凝固・変性することによって微生物を消毒や滅菌から保護するため滅菌・消毒が不十分となり、感染リスクを高めます。

②  バイオバーデン(初発菌数)を減少させる。滅菌前に十分な洗浄を行い、初発菌数を減らすことが重要になり確実な滅菌を保証するポイントとも言えます。

③ 有機物が医療器材の可動部に残留する事により性能の確保および機能の保持ができず、サビや稼働域が狭くなり手術における医療器材の性能が低下します。

医療機器洗浄の注意点は?

① 使用後の医療機器は速やかに洗浄を実施する。乾燥した有機物の汚れは洗浄が大変しにくく洗浄業務時間が大幅にアップします。

② 洗浄を行う医療器材に合った洗浄スタイルを選択する。不適合な洗浄スタイルで洗浄を実施すると医療器材の故障やトラブルに繋がります。
 ・浸漬洗浄
 ・用手洗浄
 ・機械洗浄
  ・ウォッシャーディスインフェクター
  ・超音波洗浄

洗浄業務も流れがある程度は、決められており通常予備洗浄→本洗浄→すすぎ→乾燥となります。
今回は本洗浄業務の基本についても少し触れておきます。

本洗浄の基本は「分解」であり、全表面を洗浄できるように分解できるものは分解して洗浄を行わないと洗浄不良が発生するポイントを作ってしまうこととなる。その作業をスムーズに行うためには、複雑な器械・器具はメーカーに問い合わせし『その材質・分解方法・洗浄方法・消毒方法・滅菌方法・その他(材質・器材との影響性など)』を確認する必要性があります。

弊社では中材業務における洗浄方法・洗浄剤など、蓄積されたノウハウを活かし皆様のお役にたてればと考えております。この記事を読んで少しでも洗浄についてのお悩みや相談有りましたらホームページ上のセミナーへご参加下さい。皆様のお悩みを解決できるヒントがあるかも知れません。

NCC Column LIST
copyright©NCC Co.,Ltd. All Rights Reserved.