CONTACT
NCC Column
NCC Column Title
2021年07月26日
医療機器洗浄アドバイザー コラム第五弾

2021年07月14日
NCC IDENTITY

2021年06月03日
医療機器洗浄アドバイザー コラム第四弾

2021年05月28日
医療器材の錆びに関して ~ステンレスの不動態膜再形成の重要性~

2021年05月25日
医療機器洗浄アドバイザー コラム第三弾

2021年05月10日
医療機器洗浄アドバイザー コラム第二弾

2021年04月23日
真空ソノログ洗浄装置 ~ 2つの技術が融合し画期的性能へと進化~

2021年04月06日
医療機器洗浄アドバイザー コラム第一弾

2021年03月30日
強アルカリ性洗浄剤での高温洗浄【クロイトフェルト・ヤコブ病(CJD)対応洗浄プログラム】医療機器トラブル

医療機器洗浄アドバイザー コラム第一弾

2021年04月06日

中四国エリア担当の川端です。
弊社は洗剤採用のお客様へのアフターフォローとして洗浄評価を
行っているので私も毎月様々な施設で洗浄評価をしています。
そこでのあるある事例をひとつ。

まず弊社のオールサポートシステム(洗浄評価)ですが
①洗浄インジケータ(洗浄ラック各段)
②使用済み器材の洗浄後の残留タンパク質拭き取りチェッカー(各段)
③洗剤投入量の計測
④洗剤のすすぎ性の確認の4点を中心に行っています。

あるある事例というのは③の洗剤の計測の話です。
4か月ぶりに洗浄評価を行ったら洗剤の投入量が前回より大幅に減っている、ということがよくあります。
もちろん誰も洗浄機の設定をいじったりはしていません。
原因は様々ですが洗剤ポンプの劣化、洗剤を送り出すチューブの劣化などが考えられます。
また洗剤のチューブがねじられて洗剤が通らなくなってたり、洗剤がなくなった時にお知らせをする
センサーが故障してたりして洗剤が全く出ていないっ!なんてこともたまにあったりします。

これらのトラブルを回避するには、
①毎日(または毎回)洗浄インジケータを使用する
②洗剤ボトルにマジックなどでラインを引くなどの方法があります。
ただこれらの方法では洗剤が入っているかどうかはわかりますが正確な量までは分かりませんので定期的にシリンダーを使ってきっちり計測することが重要だと思います。

NCC Column LIST
copyright©NCC Co.,Ltd. All Rights Reserved.