CONTACT
NCC Column
NCC Column Title
2024年03月01日
純水装置(RO製造措置)の注意点や管理ポイント

2024年02月17日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第35弾

2024年02月10日
病院が行っている一般排水と感染性排水の処理方法

2024年01月29日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第34弾

2024年01月29日
軟性内視鏡の洗浄に関して

2023年12月14日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第33弾

2023年12月13日
軟性内視鏡中央化の現状

2023年11月13日
医療機器に使われる様々な金属とその金属特性は?

2023年11月13日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第32弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第31弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第30弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第29弾

2023年10月26日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第28弾

2023年08月26日
中央材料部における震災時の洗浄業務対策.1

2023年08月07日
ダメージレス再生の専門家として

2023年06月17日
NCC株式会社FIクリーン事業部 アンビション(願望)

2023年05月16日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第27弾

2023年05月12日
内腔器材の洗浄評価方法について

2023年04月28日
医療機器洗浄アドバイザーコラム 第26弾

2023年04月12日
器械洗浄(ウォッシャーディスインフェクターなど)の洗浄剤選択

医療機器洗浄アドバイザーコラム17弾

2022年08月01日

中四国エリア担当の川端です。
今回のテーマは以前のコラムでも数回情報提供が行われている『熱消毒』です。
『滅菌保証のガイドライン2021』の用語解説として
「消毒」・・・対象器材を処理し、生存微生物数を使用に適した水準まで減少させること。となっています。
WDで熱消毒の工程があることは処理後に作業者が素手で器材を触っても安全な水準まで微生物を減少させる、ということになります。
ではその熱水消毒についてはどれぐらいの微生物を減らすことができるのでしょうか。


微生物を熱抵抗性が強い順に並べると、
細菌芽胞 → 結核菌、ウイルス → 糸状真菌 → 一般細菌(MRSA等)
となります。

熱水や蒸気などによる湿熱消毒では細菌芽胞を除くすべての微生物に有効であるといわれています。
また熱消毒は消毒薬などを使用するのに比べると
①効果が確実
②残留毒性がない (もちろんヤケドには注意!)
③ランニングコストが安い
などの利点があります。

熱消毒を行う水準についての要素は2つあります。
それは温度と時間です。温度が高ければ、あるいは時間が長ければ
微生物をより減少させることができます。
その温度と時間の組み合わせを指標的に表したものがA₀値 [Aノート]と呼ばれるものになります。
これは2006年から国際規格であるISO-15883において導入された概念です。
滅菌保証のガイドライン2021の用語解説では
「A₀値」・・・湿熱消毒処理における微生物致死量であって、10℃のZ値をもつ微生物について、80℃における値と等価であり、時間(秒)で表示される値。
と少し難しく書かれています。

例えばA₀値3000というと80℃の熱水で3000秒(50分)の消毒を行ったという
ことになります。計算式については非常に難解なため割愛しますが
このA₀値3000を達成するには例えば90℃の熱水なら5分、93℃の熱水なら
3分まで短縮することができます。
ISOではWDの性能の要件としてA₀値 3000以上が求められています。
日本ではリネン類に対してA₀値 600以上が規定されているだけですが、
ドイツではより厳格なA₀値 12000以上が求められています。

以前にもご紹介しましたが弊社には熱消毒が設定値通りに達成されたことを
確認できるインジケータがございます。
IT27-WシリーズがそれでA₀値600、3000、12000の達成の確認ができるもの
となっております。
ご興味あればぜひ弊社までお問合せください。

NCC Column LIST
copyright©NCC Co.,Ltd. All Rights Reserved.